ベトナム

【2020年版】ベトナムのATMを手数料無料で使う方法!写真でATMの使い方を解説

こんな方に読んでほしい

ベトナムでATMを手数料無料で使いたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! 海外旅行が趣味のアラフォー独身男、じいこすです!

旅行でベトナムに行く場合、ホーチミンやハノイのATM事情について気になりますよね。

僕は2019年7月にベトナムに行って、現地のATMを使って両替してきました。

その結果、ベトナムには手数料が無料のATMと有料のATMがあることがわかりました。

もっと正確にいうと、使うカードによって、ATMの手数料が無料になることがわかりました。

この記事では、ベトナムでお得に両替するためのATM事情や使い方について紹介します。

ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

(追記)2020年2月にもベトナムに行きましたが、大きな変更はありませんでした。

ベトナムのATM手数料を無料にする方法

最初に結論からいいます。

ベトナムのATM手数料を、無料にすることができます。

以下に紹介するお得なカードを利用してください。

ベトナムのATM事情については、これから紹介していきますが、それぞれのカードの詳細については、以下の記事で詳しく解説しています。

海外ATMで両替するならセディナカードが一番お得!セディナカードのメリットとデメリットまとめ 海外へ旅行に行ったら、必ず現地通貨に両替することになります。 あなたは、「レートのよい両替所で両替するのが一番いい...
楽天銀行デビットカード(JCB)が海外両替でおすすめな8つの理由!楽天デビットカードのメリットとデメリットまとめ 海外旅行に持っていくデビットカードとして、いま一番おすすめなのが楽天銀行デビットカード(JCB)です。 「楽天Ed...

ベトナムでは両替所よりATMの方が換算率がいい

それから大前提ですが、基本的にベトナムで両替がお得な順番は、以下になります。

  1. ATM(※ただし使うカードによる)
  2. 街の両替所
  3. 空港の両替所

ベトナムの両替所は、換算レートが非公開のところが多いです。

じいこす
じいこす
それって、一体どうなの!?って思いました…

ただ、ホーチミン市内を歩いていると、偶然にもレートを公開している両替所を見つけました。

両替所のレートは、1円=195ドンでした。

後で詳しく紹介しますが、ATMで引き出した時の円換算は1円=209ドンでした。

両替方法 ベトナムドン 日本円 換算レート
ATM 300万ドン 14,318円 209
街の両替所 279.2万ドン 14,318円 195

このように、14,000円を両替すると、20万ドン(1,000円)もの差が出ます。

ですから、ベトナムで両替する場合、街の両替所よりもATMを使った方がお得であることを知っておいてください。

ただし、どのカードでも良いわけではなく、お得なカードは決まっています。

詳しくは、以下の記事をお読みください。

ベトナムのATMの限度額・手数料について

ネットの情報は古いものが多い

最初に、注意点ですが、ネットの情報は古いものが多いです。

僕は2019年7月にベトナムに旅行に行く前に、ATM事情をネットで調査しました。

これらをまとめると、以下のようになりました。

以下の情報は、ネットにあった古い情報です。
参考にしないでください。

※1万ドン=約50円です。

銀行名 手数料
AGRIBANK 20,200ドン
EXIMBANK 手数料無料?
VietinBank 55,000ドン
BIDV 66,000ドン
Vietcombank 手数料無料?
SACOMBANK 手数料無料?
CITIBANK 手数料無料?
DongA Bank 手数料無料?

ネットで事前に調べたところ、ベトナムには20種類くらいの銀行があり、手数料が無料のATMと有料のATMがあるようでした。

また、あるサイトでは「AGRI BANKが安い」とオススメしていました。

しかし、僕が現地に行って調査すると、そうではないことがわかりました。

冒頭でお話しした通り、ベトナムのATM手数料の有料・無料は、銀行の種類が問題なのではなく、使うカードによって決まります。

ベトナムATM調査結果

僕のベトナムでのATM両替の記録が、こちらです。

ATMの銀行 引き出し額 手数料 日本円
CITI BANK 600万ドン 6万ドン 28,637円
AGRI BANK 300万ドン 0 14,318円
HSBC 300万ドン 6万ドン 14,318円
HSBC 300万ドン 6万ドン 14,318円
HSBC 300万ドン 6万ドン 14,350円

結論から言うと、ATM手数料はすべて無料です。

こういうと、「あれ?AGRI BANKは手数料が0になってるじゃん?」と思いますよね。
確かにそうなんですが、実際は無料だったんです。

これについて、詳しく説明していきますね。

これは僕が両替したATMの明細ですが、この通りAGRI BANKは手数料が0でした。

他の銀行ATMは、手数料が6万ドンになっていました。

例えば、こちらはCITI BANKの明細で、手数料6万ドンと書いてあります。

こちらはHSBCの明細で、同じく手数料が6万ドンになっていますね。

ATM手数料が無料であることが判明

こう見ると、手数料が無料と有料のATMがあるように見えます。

それは確かにそうなんですが、重要なのはここからです。

表をよく見るとわかるんですが、換算したあとの日本円は、どのATMにも差がないんです。

その証拠の画像が、こちらです。

このように、使っているATMは違うにもかかわらず、14,318円と同じ数字が並んでいます。

初日だけ600万ドン引き出したので、28,637円となっています。
ただ、これを300万ドンに換算すると14,318円になるので、他のATMと差がないことがわかります。

また、最後の300万ドンのみ、14,350円(+32円)となっていますが、これはレートが変動した影響だと思われます。

手数料6万ドンは、日本円で約300円です。

しかし、そのような差がありませんよね。

この時に使用したカードは、楽天銀行デビットカードJCBです。

つまり、楽天銀行デビットカードJCBを使うと、ATM手数料が無料になるということです(セディナカードも同様です)。

ですから、「ベトナムでは、この銀行のATMがお得です」という言い方には、語弊があります。

もう一度結論を言いますと、ATM手数料が有料か無料なのかは、使うカードによって決まります。

おすすめのカードは、記事の最後で紹介しています。

次に、僕がベトナムで感じた、ホーチミン、ハノイ、ダナン、ラオカイ、それぞれの都市のATM事情を紹介します。

ホーチミンのATM事情

ホーチミンの街中ならATMがすぐ見つかる

ホーチミンの街中には、ATMがけっこうあります。

歩いていれば、すぐに見つかる感じです。

日本や、タイのバンコクほど普及しているわけではないですが、「ATMを探して、歩き回らないといけない」という感じではありませんでした。

ただし雰囲気的に使いづらいATMが多い

ただ、ホーチミンのATMは、雰囲気的に使いづらいところが多かったです。

インドネシアのように、コンビニの中にATMがあればいいんですが、表の道路にあるATMがほとんどでした。

しかも、目の前に自転車やバイクが止めてあったり、人が座っていたりします。

地元の人間が座っている横で両替をするのは、あんまり気持ちよくないので、使えるATMは限られてくる感じです。

ホーチミンおすすめのATMの場所

あまり参考にならないかもしれませんが、ホーチミンでおすすめのATMが、9月23日公園そばのTechcombankのATMです。

9月23日公園の正面(?)の建物の横に、こんなATMがありました。

ここは箱の中にあるので、安心して使えます。

もちろん、VISAカードでもJCBカードでも使えます。

それから、こちらのAGRI BANKも、ホーチミンで一番の繁華街ブイビエン通りから、歩いていける距離にあるATMです。

街の通り沿いではありますが、ご覧の通りATMが壁の中に埋まっているので、他の場所より落ち着いていましたよ。

じいこす
じいこす
僕も、このATMを使いました!

ハノイのATM事情

続いて、ハノイのATM事情について紹介します。

同じベトナムでも、ホーチミンとハノイでは、少し印象が違いました。

ハノイ旧市街はATMが少なめ

ホーチミンと比べると、ハノイはATMが少ないです。

感覚的に例えると、ホーチミンなら歩いて2分でATMが見つかるのに、ハノイでは10分歩かないとATMが出てこない、という感じです。

そのため、ハノイでは「ATMを見つけたら、確実に両替しておく」という気持ちでいるのがオススメですね。

ハノイでおすすめのATMの場所

例えば、ハノイ旧市街のホアンキエム湖の周辺は、一番観光客がいるところなので、ATMがいくつもありました。

ケンタッキーの隣のHSBCなど、目立っていてわかりやすかったです。

ホテルでATMの場所を聞き込みするのがおすすめ

ところがハノイ旧市街に入ると、急に街がゴミゴミして、ATMの数も少なくなります。

そこで、こんな感じの、ちょっと大きめのホテルに入って、ATMがどこにあるかを聞くのがおすすめです。

僕がスタッフに聞くと、こんな感じのマップをくれて、親切に教えてくれました。

じいこす
じいこす
この方法は確実なので、おすすめです!

4つ星ホテルの中にはATMがある

それから、もし4つ星以上のホテルに宿泊するなら、ホテル内にATMがあります。

僕は「ハノイホテル」という4つ星ホテルに宿泊したんですが、3台ほどATMが並んでいました。

ダナンのATM事情

ダナンはベトナムの中部にある、リゾート区になります。

ダナン空港も綺麗で、空港内にはもちろんATMがあります。

ダナン市内にも、銀行やATMはたくさんあるので、特に心配はしなくて大丈夫です。

このように、ATMはたくさんあります。

ただし、ダナンの街は、マップで見るよりも実際は広く感じるので、思ったよりATMまでの距離があります。

歩くと結構な時間になる場合があるので、ATMを見つけたときに両替しておくのがおすすめです。

ラオカイのATM事情

ラオカイは、ハノイからバスで4時間ほどの田舎町です。

ですが、ATMは街中にしっかりあります。

ラオカイで、GoogleマップでATMと検索すると、このようにいくつもATMが見つかります。

ただし、VISAやJCBが使えるプラスマークやシーラスマークが、ATMに貼ってありませんでした。

とはいえ、マークがついていなくても使えるATMはあります。

ATMを利用する場合は、念のため銀行が開いている時間に、銀行に備え付けのATMを利用するのが良いと思います。

万が一、カードが吸い込まれると、やっかいなことになるからです。

ラオカイの両替所

ラオカイのような田舎町では、「日本円を両替できるか?」という疑問は、そもそも持たない方がいいと思っています。

ライカイと河口の国境付近に両替所があるみたいですが、日本円が両替できるか不明です。

ハノイにいるときに、あらかじめ必要分のお金を両替しておくのがベストです。

ベトナムのATMの使い方を写真で解説(デビットカードの場合)

それでは、ベトナムのATMの使い方を紹介します。

今回紹介するのは、デビットカードでの両替方法です。

クレジットカードの場合は、ATMの操作方法が少し違うので注意してください。

また、銀行のATMによって微妙に画面が違うこともありますが、基本の流れは同じです。

タンソンニャット空港:CITI BANKのATMの使い方

タンソンニャット空港:CITI BANK

  • 1回の限度額:600万ドン
  • ATM手数料:無料(※カードによる)

以下に紹介するのは、ホーチミンのタンソンニャット空港にあるCITY BANKのATMの使い方です。

空港内にはBIDVもありましたが、CITY BANKの方が1回あたりの限度額が多いので、CITY BANKの方がおすすめです。

他のATMは、1回の限度額が300万ドンでした。

手順1:カード挿入

デビットカードを入れます。

手順2:言語選択

このATMでは、言語選択ができました(できないATMもあります)。

「日本」を選びます。

手順3:暗証番号の入力

4桁の暗証番号を入力します。

入力が終わったら、緑色のENTERを押してください。

手順4:口座の選択

口座の選択画面に移ります。

「引き出し」を選択してください。

デビットカードの口座は普通預金なので、「普通預金」を選択します。

手順5:金額の選択

金額を選択します。

このATMでは、600万ドンまで選べます。

額が大きいので、便利ですね(他のATMの限度額は300万ドン)。

なお、ATMによっては「OTHER」を選んで、自分で任意の額を入力することもあります。

手順6:ATM手数料の確認

ここで「6万ドンの手数料がかかる」と出ます。

すでに紹介している通り、たとえこの画面が出ていても、セディナカード、あるいは楽天銀行デビットカードJCBであれば、手数料は無料です。

「取り消し」をすると、カードが出てきて取引終了になります。

ここでは「続行」を押します。

「しばらくお待ちください」の画面が出て……

確認画面が出るので、「承認」を押します。

「約30秒かかります」と表示されますが、実際にはそんなにかかってなかったと思います(笑)

手順7:現金の受け取り

「現金が用意できた」という画面が表示されます。

現金を受け取ります。

紙幣は50万ドン札と20万ドン札でした。

額が大きいので、早めに崩していくのがおすすめです。

取引履歴の確認画面です。

今回は600万ドンを引き出しました。

手順8:カードの受け取り

カードが出てくるので、素早く受け取ってください。

もたもたしていると、カードがATMに吸い込まれて、面倒なことになるので注意してください。

まとめ

以上、ベトナムのATM事情と、手数料を無料で両替する方法について紹介してきました。

この明細では、「600万ドン引き出して、ATMの手数料が6万ドン」と書かれています。

しかし、しつこいようですが、6万ドンと明細に書いてあるにもかかわらず、実際の手数料は0円です。

僕も、最初は「そんなことってあるのかな?」と不思議に思っていました。

でも、この取引明細を見るとわかるように、無料と有料のATMを使ったにもかかわらず、引き出した日本円が同じ金額でした。

このように、お得なカードを使うと、ATM手数料が無料になります。

ですから、ベトナムに旅行するときは、事前に以下のカードを作成しておくことを、忘れないようにしてくださいね。

カードが届くまでに、約1週間かかるので、ベトナム旅行が決まったらすぐに申し込まないと、間に合わなくなります!

海外旅行に行くときは、このカードが必携!

現地の両替所は、店員が詐欺を働く危険があります!(盗難・詐欺の実例はこちら

僕は海外に行くときは、盗難・紛失の危険があるので、大金を持ち歩きません。

カードなら、万が一盗まれて不正利用されても、付帯保険で全額返ってきます

しかし、現金は盗られたら、絶対に戻ってきません

このように、少しでもリスクを減らすためには、現地通貨は安全なATMで引き出すようにしないといけません。
その時に、クレジットカードあるいはデビットカードが必要になります。

カードにはたくさんの種類があるんですが、おすすめのカードは決まっています。
ズバリ、こちらです!

セディナカードJiyu!da!

海外での両替に最強のカード!
一番おすすめのクレジットカード!

カード発行手数料 無料
年会費 無料
ATM利用手数料 無料
キャッシング年利 18.0%
(実質0.2%~)
繰り上げ返済 可能
振込手数料 無料
ブランド JCB/VISA/Master

セディナカードの最大の特徴は、実質年利を0.2%程度にまで下げられることです。

そのため、実質0.2%(通常なら3%前後+ATM手数料が必要)という、圧倒的な低金利で、海外ATMで現地通貨に両替ができます!

なお「セディナカードJiyu!da!」には、国内旅行傷害保険がついています。

年会費 無料 無料
国内旅行傷害保険 なし あり!
海外旅行傷害保険 なし なし
紛失・盗難保険 あり あり

ですので、「セディナカードJiyu!da!」を選ぶことをおすすめします!

到着までに時間がかかるので、海外旅行が決まったら、すぐに申し込んでおいてくださいね!

ブランドはMasterがおすすめです!(両替レートが一番よいとされています)

セディナカードJiyu!da!のメリット
  1. 年会費・カード発行手数料が無料
  2. 海外ATM利用手数料が無料
  3. 海外銀行の手数料も無料
  4. 年利が実質0.2%

↓今ならポイントプレゼント中!↓
※ポイントは時期によって異なります

楽天銀行デビットカード

クレジットカードが作れないならコチラ!
一番おすすめのデビットカード!

年会費 無料 入会金 無料
手数料 無料 ブランド JCB
入会審査 なし カード到着期間 約1週間

多くのデビットカードを比較した結果、楽天銀行デビットカード(JCB)が、一番お得なカードでした!

ポイント還元率が1.0%と最高で、実質手数料は2.024%まで下がります。

しかも楽天市場や楽天トラベルを使うと、さらにポイントが還元されてお得になります。

デビットカードなら、楽天銀行デビットカード(JCB)で間違いありません!

楽天デビットカードのメリット
  1. 年会費が永久無料!
  2. 海外ATMの手数料が無料!
  3. ポイント還元率が1.0%と高い!
  4. クレカのような審査がなく作れる!

↓今なら1000ポイントプレゼント中!↓

セディナカード・楽天銀行デビットカードには、海外旅行保険が付いていません!

ですので、持っているだけで海外旅行保険が自動でついているエポスカード(無料)を合わせて持つのがおすすめです!

↓↓↓