タイ

【タイ】バンコクでデビットカードをおすすめできない理由!ATM手数料・レート・楽天JCBデビットカードの体験談

こんな方に読んでほしい

タイ・バンコクのATM事情、デビットカード(手数料など)、お得な両替方法について知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! 海外旅行が趣味のアラフォー独身男、じいこすです!

タイの現地通貨は、バーツといいます(1バーツ約3.5円)。

タイのバンコクに旅行する場合、「どのような方法でバーツに両替するのが、最もお得なの?」ということが、気になると思います。

海外の現地通貨を手に入れる方法は、いくつかあります。

その中で、最もお得な方法は、デビットカードを利用することです。

しかし、タイに限っては、事情が違いました。

調べた結果、最も良い方法は市内の両替所であることが分かりました。

とはいえ、デビットカードにもメリットはあります。

この記事では、バンコクのATM事情や、デビットカードの手数料・レートなどについて、紹介していきます。

バンコクでの両替は両替所が一番おすすめ

まずは、結論から言いますね。

バンコクで両替するなら、以下の順番で両替するのが、お得なようです。

おすすめの両替の順番
  1. バンコク市内のレートがよい両替所
  2. セディナカードでATMからキャッシング
  3. バンコク市内の銀行で両替
  4. 楽天デビットカードJCBでATMから引き出し
  5. 空港などレートの悪い両替所
厳密には、この順番でないこともあります。

以下は、僕が調べたレートの結果です。
上から良い順番です。

  1. ナナ駅そば両替所=0.282
  2. アソーク駅両替所(ナナ側)=0.2815
  3. セディナカード=0.2808
  4. バンコク市内銀行=0.2764
  5. 楽天デビットJCB=0.2759
  6. ドンムアン空港両替所=0.2672

為替レートは、日々変わります。

また、デビットカードやクレジットカードは、カード会社によって、利用手数料が異なります。

そのため、この順番は、あくまで基本的なラインと考えてください。

ちなみに、バンコク市内の両替所でおすすめは、BTSナナ駅そばのワス・エクスチェンジ、BTSアソーク駅のナナ側の両替所です。

あと、スワンナプーム空港の両替所もレートがいいです。

調査したところ、レートが良いですし、場所的にも利用しやすかったです。

【タイ】バンコクの両替所でおすすめはどこ?営業時間が長くタイバーツのレートも安い場所はBTSアソーク駅の両替所とナナ駅そば バンコクで両替するなら、レートがいい市内の両替所がおすすめです。 基本的なことをいうと、海外で両替するのであれば、...

バンコクではATMの手数料がかかる

ATM手数料 1回:220バーツ(全銀行共通)

バンコクでは、ATMを使うと220バーツ(約770円)の手数料が取られます。

正確にいうと、ATMの手数料ではなく銀行の利用手数料なんですが、どちらにしろ、手数料が取られることに変わりはないです。

通常であれば、海外ではATMを利用したデビットカードでの引き出しが、最もお得な両替方法でした。

しかし、タイでは事情が違いました。

じいこす
じいこす
やられたーって感じです

手数料220バーツは全銀行で共通

タイでデビットカードが使える銀行ATMは、主に以下の4つです。

  • 黄色:アユタヤ銀行(Bank of Ayudhya)
  • 緑色:カシコン銀行(Kasikorn Bank)
  • 紫色:サイアム銀行(Siam commercial bank)
  • 青色:バンコク銀行(Bangkok bank)

この4つの銀行は、ATMの画面が微妙に違いますが、どれもデビットカードが利用できます。

そして、利用手数料はどの銀行も220バーツで統一されていました。

「どこかお得な銀行は無いかなー?」と調べてみたんですが、残念ながら同じでしたね。

引き出す回数が多いと損をする

ATM1回につき220バーツの手数料がかかるということは、デビットカードを利用する場合、少ない回数で両替した方が良いということです。

僕はこのことを知らずに、まず初日に10,000バーツを両替しました。
そして、2日目にまた10,000バーツを両替しました。

合計で、手数料だけで440バーツ(1,540円)かかりました。

もし、ATMでデビットカードを使うなら、なるべく少ない回数で利用してください。

なお、バンコクのATMの使い方は、以下の記事で詳しく紹介しています。

【タイ】バンコクのATM・お店でデビットカードを使う方法を画像で解説!6つの注意点とメリットを紹介 バンコクの市内にいても、日本の銀行口座にあるお金を現地通貨のバーツで引き出せるカードが、デビットカードです! ...

バンコクで楽天JCBデビットカードを使った場合の手数料・レートについて

先ほどは、タイの銀行手数料の話をしました。

次は、デビットカードの手数料・レートについて紹介します。

まず、結論から言います。

  • 空港ATMで10,000バーツ=37,998円
    (1円=3.718B換算)
  • 市内ATMで10,000バーツ=35,850円
    (1円=3.508B換算)

全ての手数料を含めて、両替は上記の金額になりました。

このように、空港ATMと市内ATMでは、なんと2,148円も差がありました。(37998-35850=2148)

このことから、空港の両替レートは市内より高いといえます。

※補足(2019年10月)

後日しらべたところ、空港のATMが問題なのではなく、DCCに問題があることがわかりました。

DCCについては、以下の記事で紹介しています。

ちゃんと理解しておかないと2000円以上の損をするので、注意してください!

【タイ】バンコクのATM・お店でデビットカードを使う方法を画像で解説!6つの注意点とメリットを紹介 バンコクの市内にいても、日本の銀行口座にあるお金を現地通貨のバーツで引き出せるカードが、デビットカードです! ...

内訳を具体的に解説します

それでは、具体的に解説していきます。
バンコクでは、以下の引き出しをATMで行いました。

  • 6月6日:10,000B+手数料220B
  • 6月8日:10,000B+手数料220B
すでに紹介した通り、引き出す金額にかかわらず、タイでは銀行手数料が1回220バーツかかります。

その結果、銀行口座から以下の金額が引き出されました。

  • 6月6日:37,905円(6月6日の10,220B分)
  • 6月6日:35,671円(6月8日の10,220B分)
  • 6月8日:93円(6月6日の差額調整分)
  • 6月8日:179円(6月8日の差額調整分)

デビットカードは差額調整が発生する

デビットカードを利用すると、数日後に差額調整が発生します。

上の画像は、バンコクでのデビットカードの利用明細です。

この取引履歴を見ると、ATMからお金を引き出した2日後に、少額の引き出しが記録されています。

「何も買い物をしてないのに、お金が引き出されている!誰かに不正利用されたの!?」

と心配になったんですが、そうではありませんでした。

これは、差額調整分です。

デビットカードの両替に使用されるレートは、決済情報が日本のカード会社に届いた日のものになります(だいたい2日前後で到着)。

  • 6月6日に、現地のATMで引き出し(6月6日のレート)
  • 6月8日に、日本に決済情報が到着(6月8日のレート)

この場合、最終的な計算は6月8日のレートで行われます。

そのため、最終的なレートとの差異によって、プラスになったりマイナスになったりと、その差額調整が生じます。

デビットカードを利用した後に明細を見て「覚えのない引き落としがある!」と思っても、不正利用ではないので、安心してくださいね。

デビットカードの手数料の計算方法

デビットカードの手数料は、カード会社(銀行)によって違います。

例として、楽天銀行JCBデビットカードで説明します。

楽天銀行の海外事務手数料は、3.024%です。

海外でご利用になった場合の換算レートは、外貨額を国際ブランドの決済センターで集中決済された時点での国際ブランドが指定するレートに、海外利用にかかるコストとして、3.024%(税込)を加えたものになります。

引用:楽天銀行 公式ページ

楽天銀行JCBデビットカードで海外通貨を引き出すと、JCBが定めたレート×0.03024が手数料の金額になります。

為替レートは、VISAやJCBなど、それぞれで違います。

カード会社の為替レート
  • VISA:Visaインターナショナルのレート
  • JCB:JCB所定のレート
  • MasterCard:MasterCardインターナショナルのレート
  • アメックス:主要な外国為替相場情報からアメリカン・エキスプレスが選択した銀行間のレート
  • ダイナース:所定金融機関の為替相場

例えば、10,000バーツを引き出して、仮にレートが3.5円だった場合、35,000円になります。

この場合の手数料は、35000×0.03024=1058円です。

つまり、上記の例でタイのATMで10,000バーツを引き出す場合、合計で(10000×3.5)+(220×3.5)+(3.5×302.4)=36,828円が引き落としされることになります。

VISAとJCBどちらが得なのかは事前にわからない

ちなみに、為替レートの数値は日々変動しているので、例えば「VISAとJCBのどちらが得なのか?」は、事前にわかりません。

VISAのレートは、下記のサイト「Currency Converter」で確認できますが、楽天JCBデビットカードの両替レートは非公開となっています。

Currency Exchange Calculator(VISAの為替レート)

円換算レートは公開されていないため、お問い合わせにはお答えできません。

引用:楽天銀行 公式ページ

後日、楽天銀行に直接電話して確認しましたが、やはり当日のレートは教えてくれませんでした。

ただ、噂ではクレジットやデビットカードのキャッシング時に適用される為替レートは、現金の両替レートより1%前後いいレートが使われている、という話があります。

このことから、現地通貨を得るには両替所を使うよりも、デビットカードを使う方がお得である、というのが僕の結論でした。

しかし、タイでは銀行手数料が220バーツかかることを考えると、バンコク市内の両替所で両替する方法が、一番お得であるといえます。

結論:市内の両替所が一番お得

その実証として、最後にバンコク市内で両替した結果を記しておきます。
場所は、BTSアソーク駅にある両替所です。

この日のレートは、「10,000円で2870バーツ」でした。

この結果を、今回のATMで利用した数字に合わせて比較してみます。

以下は、「10000バーツを入手するための日本円は、それぞれいくらだったのか?」を示した表です。

  1. 市内の両替所:10,000B=34,843円
  2. 市内のATM:10,000B=35,850円(+1,007円)
  3. 空港のATM(DCC):10,000B=37,998円(+3,155円)

このように、市内の両替所と空港ATMでは、3,000円以上の差がありました!

以上のことから、タイでの両替は、空港のATM(DCC)が最も高く、市内の両替所が一番お得ということが分かりました。

まとめ

タイ・バンコクでATMを利用する場合、1回220バーツの手数料がかかります。

そのため、両替はバンコク市内の両替所で行うのが一番お得である、という結論になりました。

ただ、デビットカードには「不要な現金を持ち歩かなくてすむ」「24時間、いつでもどこでも引き出せる」というメリットがあります。

万が一、盗難に遭ったことを考えると、「海外に現金だけ持っていく」というのは、リスクが高すぎます。

タイのバンコクに旅行する場合は、現金を多めに持って行き、あわせてデビットカード、あるいは手数料220バーツが無料になるセディナカードを携帯していく、という形が一番良いと思います!

海外旅行に行くときは、このカードが必携!

現地の両替所は、店員が詐欺を働く危険があります!(盗難・詐欺の実例はこちら

僕は海外に行くときは、盗難・紛失の危険があるので、大金を持ち歩きません。

カードなら、万が一盗まれて不正利用されても、付帯保険で全額返ってきます

しかし、現金は盗られたら、絶対に戻ってきません

このように、少しでもリスクを減らすためには、現地通貨は安全なATMで引き出すようにしないといけません。
その時に、クレジットカードあるいはデビットカードが必要になります。

カードにはたくさんの種類があるんですが、おすすめのカードは決まっています。
ズバリ、こちらです!

セディナカードJiyu!da!

海外での両替に最強のカード!
一番おすすめのクレジットカード!

カード発行手数料 無料
年会費 無料
ATM利用手数料 無料
キャッシング年利 18.0%
(実質0.2%~)
繰り上げ返済 可能
振込手数料 無料
ブランド JCB/VISA/Master

セディナカードの最大の特徴は、実質年利を0.2%程度にまで下げられることです。

そのため、実質0.2%(通常なら3%前後+ATM手数料が必要)という、圧倒的な低金利で、海外ATMで現地通貨に両替ができます!

なお「セディナカードJiyu!da!」には、国内旅行傷害保険がついています。

年会費 無料 無料
国内旅行傷害保険 なし あり!
海外旅行傷害保険 なし なし
紛失・盗難保険 あり あり

ですので、「セディナカードJiyu!da!」を選ぶことをおすすめします!

到着までに時間がかかるので、海外旅行が決まったら、すぐに申し込んでおいてくださいね!

ブランドはMasterがおすすめです!(両替レートが一番よいとされています)

セディナカードJiyu!da!のメリット
  1. 年会費・カード発行手数料が無料
  2. 海外ATM利用手数料が無料
  3. 海外銀行の手数料も無料
  4. 年利が実質0.2%

↓今ならポイントプレゼント中!↓
※ポイントは時期によって異なります

楽天銀行デビットカード

クレジットカードが作れないならコチラ!
一番おすすめのデビットカード!

年会費 無料 入会金 無料
手数料 無料 ブランド JCB
入会審査 なし カード到着期間 約1週間

多くのデビットカードを比較した結果、楽天銀行デビットカード(JCB)が、一番お得なカードでした!

ポイント還元率が1.0%と最高で、実質手数料は2.024%まで下がります。

しかも楽天市場や楽天トラベルを使うと、さらにポイントが還元されてお得になります。

デビットカードなら、楽天銀行デビットカード(JCB)で間違いありません!

楽天デビットカードのメリット
  1. 年会費が永久無料!
  2. 海外ATMの手数料が無料!
  3. ポイント還元率が1.0%と高い!
  4. クレカのような審査がなく作れる!

↓今なら1000ポイントプレゼント中!↓

セディナカード・楽天銀行デビットカードには、海外旅行保険が付いていません!

ですので、持っているだけで海外旅行保険が自動でついているエポスカード(無料)を合わせて持つのがおすすめです!

↓↓↓

RELATED POST