海外旅行で注意すべきこと

海外のATMでカードが吸い込まれる!2日後に無事に戻ってきた

こんな方に読んでほしい

海外のATMでカードが吸い込まれることを気にしている方

じいこす
じいこす
こんにちは! 海外旅行が趣味のアラフォー独身男、じいこすです!

「そんなことがあるんだ!?」

ということが起こりました!

海外の空港にあるATMで、カードが吸い込まれてしまいました!

幸いなことに2日後に無事に手元に戻ってきたんですが、なかなか冷や汗ものでした(笑)

この記事では、海外のATMにカードが吸い込まれた体験談や、その注意点について紹介します!

海外のATMにカードが吸い込まれた経緯

僕がATMにカードを吸い込まれた国は、カンボジアのプノンペンでした。

行ったのは、2019年の11月です。

ATMの場所は、プノンペン国際空港の到着口を出た広場にあるATMです。

こちらにあるABA BANKのATMでカードが吸い込まれました。

ATMに不審なところは何もなかった

このATMに、不審なところは何もありませんでした。

僕が使う前には、他の人が普通に使っていましたし、カードを吸い込まれた後も、他の人が普通に使っていました。

さらにいうと、実はカードが吸い込まれる前、同じカードでこのATMを操作できていました。

というのも、それぞれのATMの手数料を調べていたんです。

その時に操作できていたので、カードにもATMにも、何も問題は感じませんでした。

何の前触れもなくATMにカードが吸い込まれた

そこで、このATMが一番安かったので、利用しようと再度カードを入れました。

すると、画面の操作がおかしくなり、暗証番号の入力が本来なら××××となるところが、1234のような感じで、数字が表示されます。

お金を引き出す操作をしてもうまくいかず、キャンセルボタンを押しても「TAKE YOUR CARD」という文字は表示されるんですが、カードが出てきません!

じいこす
じいこす
「これが、吸い込まれるというやつか….初めて体験したぜ…」という感じでした。

ガイドブックの「地球の歩き方」とかに、「海外のATMではカードが吸い込まれるこがある」なんて書いてありますよね。

僕は「そんなことって、今時ある?ww」なんて感じで見ていたんですが、今時でも、そんなことってあるんですねぇ…

2日後に吸い込まれたカードが戻ってきた

ATMに吸い込まれたカードなんですが、2日後に戻ってきました。

  • 当日:カードが吸い込まれる
  • 1日後:銀行へ行き事情を話す
  • 2日後:銀行でカードを受け取る

このような流れで、カードが戻ってきました。

最初の銀行の案内では「3日後」ということだったんですが、翌日に銀行に行って話をすると「明日来てください」とのことでした。

今回は運よく2日後にカードが戻ってきましたが、銀行側の回収のタイミングもあるので、3日後以降になる可能性もありそうです。

ATMにカードが吸い込まれた場合の対処法

それでは、僕の経験とともに、ATMにカードが吸い込まれたときの対処法を紹介します。

海外で言葉が通じないので、日本とは少し勝手が違うと思います。

大事なポイントは、以下の3つです。

  1. ATMの写真を撮る
  2. パスポートを持参して銀行へ行く
  3. カードは複数持って行く

順番に紹介してきますね。

1:ATMの写真を撮る

カードが吸い込まれてしまったら、まずATMの写真を撮影しておきましょう。

できれば、場所と時間もメモしておくのがベストです。

銀行側に説明するときに、これらの情報を伝えられると、よりスムーズにカードを受け取ることができます。

ATMにはID番号が書かれていることもあり、写真で記録しておくと確実です(無いATMもあります)。

助けを呼ぶ

そのあとは、ATMに書かれているホットラインに電話することになります。

しかし、海外では言葉が通じないので、他の人に助けを求めましょう。

僕の場合は空港だったので、インフォメーションに駆け込みました。

スタッフにカードが吸い込まれたことを伝えると、銀行のホットラインに連絡してくれました。

親切に、銀行の場所を地図で教えてくれて、「この場所の銀行に3日後に行くように」といわれました。

2:パスポートを持参して銀行へ行く

銀行へは、翌日にパスポートを持って行きましした。

3日後といわれていましたが、事前に直接話を通しておいた方が、よりスムーズになると思ったからです。

銀行では、Google翻訳を片手に話をすると、話はトントン拍子に進みました。

「カードが回収されたら連絡するので、メールアドレスを教えて」といわれました。

すると、当日の夕方には、このようなメールが届きました。

「カードは明日渡せるので、8時から17時の間に来てください」とのことでした。

正直、ホッとしました!

翌日、再び銀行へ行って、必要書類を記入しました。

カードが無事に戻ってきました!

メールには書いてなかったですが、本人確認のためパスポートが必要でした。

忘れずに持って行ってよかったです!

3:カードは複数持って行く

結論ですが、海外へ旅行に行くときは、カードは複数枚持って行くようにした方が絶対にいいですね。

今回の経験で、リスクを減らすことが本当に大事だと感じました。

僕は2枚カードを持っていたので、1枚が吸い込まれても、もう1枚を使うことができました。

そのおかげで、旅行の予定が狂うことはなく、無事に過ごすことができました。

もしカードが1枚しかなかったら、かなりヤバかったです。

一応現金は持っていましたが、万が一、それを盗難などで失ったら、海外から帰国できなくて大事になっています。

本当にカードが1枚あるかないかで全然変わるので、その大事さを痛感しました。

まとめ

海外のATMでカードが吸い込まれてしまうことは、今でも起こりえますます。

もし遭遇してしまったら、ATMの写真を撮って、現地のインフォメーションに助けてもらいながら、銀行に連絡してください。

銀行に行くときは、パスポートを持参してください。

僕の場合、カードは2日後に戻ってきました。

ATMについてですが、事前におかしな予兆などはないので、吸い込まれるのを未然に防ぐのは不可能です。

ですので、リスクヘッジの対策として、最低2枚はカードを持って行くようにしてください。

おすすめのカードは、以下に紹介しています!

海外旅行に行くときは、このカードが必携!

現地の両替所は、店員が詐欺を働く危険があります!(盗難・詐欺の実例はこちら

僕は海外に行くときは、盗難・紛失の危険があるので、大金を持ち歩きません。

カードなら、万が一盗まれて不正利用されても、付帯保険で全額返ってきます

しかし、現金は盗られたら、絶対に戻ってきません

このように、少しでもリスクを減らすためには、現地通貨は安全なATMで引き出すようにしないといけません。
その時に、クレジットカードあるいはデビットカードが必要になります。

カードにはたくさんの種類があるんですが、おすすめのカードは決まっています。
ズバリ、こちらです!

セディナカードJiyu!da!

海外での両替に最強のカード!
一番おすすめのクレジットカード!

カード発行手数料 無料
年会費 無料
ATM利用手数料 無料
キャッシング年利 18.0%
(実質0.2%~)
繰り上げ返済 可能
振込手数料 無料
ブランド JCB/VISA/Master

セディナカードの最大の特徴は、実質年利を0.2%程度にまで下げられることです。

そのため、実質0.2%(通常なら3%前後+ATM手数料が必要)という、圧倒的な低金利で、海外ATMで現地通貨に両替ができます!

なお「セディナカードJiyu!da!」には、国内旅行傷害保険がついています。

年会費 無料 無料
国内旅行傷害保険 なし あり!
海外旅行傷害保険 なし なし
紛失・盗難保険 あり あり

ですので、「セディナカードJiyu!da!」を選ぶことをおすすめします!

到着までに時間がかかるので、海外旅行が決まったら、すぐに申し込んでおいてくださいね!

ブランドはMasterがおすすめです!(両替レートが一番よいとされています)

セディナカードJiyu!da!のメリット
  1. 年会費・カード発行手数料が無料
  2. 海外ATM利用手数料が無料
  3. 海外銀行の手数料も無料
  4. 年利が実質0.2%

↓今ならポイントプレゼント中!↓
※ポイントは時期によって異なります

楽天銀行デビットカード

クレジットカードが作れないならコチラ!
一番おすすめのデビットカード!

年会費 無料 入会金 無料
手数料 無料 ブランド JCB
入会審査 なし カード到着期間 約1週間

多くのデビットカードを比較した結果、楽天銀行デビットカード(JCB)が、一番お得なカードでした!

ポイント還元率が1.0%と最高で、実質手数料は2.024%まで下がります。

しかも楽天市場や楽天トラベルを使うと、さらにポイントが還元されてお得になります。

デビットカードなら、楽天銀行デビットカード(JCB)で間違いありません!

楽天デビットカードのメリット
  1. 年会費が永久無料!
  2. 海外ATMの手数料が無料!
  3. ポイント還元率が1.0%と高い!
  4. クレカのような審査がなく作れる!

↓今なら1000ポイントプレゼント中!↓

セディナカード・楽天銀行デビットカードには、海外旅行保険が付いていません!

ですので、持っているだけで海外旅行保険が自動でついているエポスカード(無料)を合わせて持つのがおすすめです!

↓↓↓