海外便利ツール

タイ旅行でスマホのSIMカードおすすめは?AISアプリの使い方・TOP UPトップアップ方法・料金

こんな方に読んでほしい

タイのSIMカードのおすすめが知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

タイ旅行に行くにあたって、「SIMカードは、どこで買うとお得なの?」という疑問がありませんか?

これは旅行する日数によって変わってくるんですが、僕なりに調べてお得な方法を見つけたので、今回はそれをシェアします!

タイ旅行におすすめのSIMカード

タイで使えるSIMカードの会社は、全部で3つあります。

  • AIS
  • True
  • dtac

今回は、AISに限定して紹介していきます。

理由は、AISのSIMカードはAmazonで手に入るので、料金の比較がしやすいからです。

また、アプリでトップアップ(残量をチャージすること)する方法もわかりやすかったからです。

結論:8日間までならAmazon

タイ旅行の日数が8日間までなら、SIMカードはAmazonで購入するのが一番安いです!

AIS タイ プリペイドSIM 8日間 データ通信 100分無料通話つき

 

以下は、

  • Amazon
  • 現地の空港
  • トップアップ

それぞれの料金表です。

AIS 日数 容量 料金(バーツ) 日本円
Amazon 8日間 3GB 448
Amazon 45日間 4GB 1580
現地空港 8日間 8GB 299 1076.4
現地空港 15日間 5GB 449 1616.4
現地空港 30日間 7.5GB 599 2156.4
TOP UP 2日間 1GB 119 428.4
TOP UP 8日間 4GB 299 1076.4
TOP UP 10日間 6GB 349 1256.4

このように、8日間で448円と一番安いのがAmazonです!

現地の空港だと299バーツ(約1076円)なので、628円もお得です!

ただし、デメリットとして、自分でSIMカードを差し替える必要があります。

とはいえ、スロットを開けるピンさえ持っておけば、大丈夫です。

特にSIMの設定などは必要ないので、SIMを差し替えるだけで使用できます。

現地で自動的にネットの設定がされない場合は、2~3回スマホの電源オンオフすると、いけるようになります。

また、スマホで 設定>一般>プロファイル と移動して現在のプロファイルを削除すると、うまくいく場合もあります。

削除したプロファイルは、心配いりません。

日本に帰国してから空港のフリーWi-Fiを使用して、契約しているスマホ会社のHPから再インストールします。

すると、特に設定することなく、元通りネットを利用できるようになります。

タイ旅行が9日間~10日間ならトップアップを使う

タイへの旅行期間が10日間だった場合は、トップアップを使うのが安上がりです。

トップアップとは、容量をチャージすることです。

トップアップは、AISのアプリまたは電話で行います。

2日間で119バーツ(約428円)なので、元のSIM料金(448円)と合わせて、合計876円くらいです。

現地空港の15日間SIMが約1,616円なので、740円お得です。

トップアップのやり方は、後で紹介します。

タイ旅行が10日間以上の場合

タイへの旅行期間が10日間だった場合は、Amazonで45日のSIMカードを購入するのが一番安上がりです。

僕は使ったことがないんですが、4GBで1,580円でした。

現地空港の30日間4.5GBが549バーツ(約1,976円)だったので、396円以上お得になります。

ベリーモバイル タイ SIM プリペイド 45日間 高速データ4GB 無制限 通話100分

AISのアプリでSIMカードをトップアップ(TOP UP)する方法

AISのSIMカードをトップアップ(TOP UP)するには、アプリで2段階の操作を行います。

  1. 料金をチャージする
  2. プランを購入する

順番に説明していきます。

my AIS
my AIS
開発元:Mimo Tech
無料
posted withアプリーチ

1:料金をチャージする

1:アプリを開く

AISのアプリを開きます。

初回にアプリを開くとき、電話番号が必要になります。

SIMの電話番号は、袋に記入してあります。

AISの電話番号を入力して、届いたPINを入力するとアプリにログインできます。

2:TOP UPを選ぶ

上のTOP UPをクリックします。

3:支払い方法の選択

ここで支払い方法の選択になります。

カードはタイ国内のものしか使えないので、LINEペイを選択します。

4:トップアップする金額を決める

トップアップの金額を決めます。

この数字の単位はバーツです。
今回は、とりあえず10バーツをトップアップしてみます。

5:LINE Payを登録する

LINE Payの登録がまだの場合は、ここでカードを登録します。

LINE Payに登録しました。

6:決済する

ここで、「10バーツを支払う」を押します。

決済ボタンを押します。

これで決済されました。

7:TOP UP完了

LINEにも通知が来ます。

AISのアプリを見ると、10バーツがトップアップされていることが確認できました。

このように、まず料金をTOP UP(チャージ)する必要があります。

でも、これだけでは、まだネットを使用できません。

チャージした金額で、容量のパッケージを購入する必要があります。

補足:TOP UPはSIMカードの有効期限内に行うこと

ちなみに画面にValid Untilとあるように(この場合は2020年4月26日)、SIMカードには有効期限があり、この期限内にトップアップしないと利用できなくなります

1回トップアップすると、有効期限が1ヶ月伸びます(10バーツでも100バーツでも1ヶ月伸びるので、10バーツを刻むのがお得)。

SIMカードは最長1年使えるので、11回チャージすることができます。

じいこす
じいこす
ただ、すでに見てきたように、トップアップするよりも新しくAmazonでSIMカードを購入した方が安上がりになります。

2:SIMのパッケージを購入する

パッケージの種類

出典:AISの料金プランページ

アジア&オーストラリアの料金表は、以下の通りです。

料金 容量 日数 電話
119B 1GB 2日間 *111*356♯
299B 4GB 8日間 *111*354♯
349B 6GB 10日間 *111*370♯

利用するなら、2日間のパッケージがおすすめです。

8日間、10日間を利用するなら、新しくAmazonのSIMカードを購入する方が安いです。

1:データローミングをオフにする

スマホの 設定>モバイル通信>通信のオプション でデータローミングの項目をオフにしておきます。

オンにした時点で購入したパッケージが利用開始になります。

ローミングオフ状態でも、パッケージ購入と同時にアクティベートされることがあるみたいです。

2:アプリから購入(できないこともある)

Roaming PackageのApply SIM2Fly On-Top Package選択します。

すると、エラー画面になってしまうことがあります。

この場合、アプリからではなく、電話でパッケージを購入します。

3:電話で購入する

2日間パッケージの番号「*111*356♯」を入力します。

すると、こんな画面になります。

タイ語で何を書いているのか不明ですが、たぶん完了した旨が書いてあると思います(笑)

メッセージも同時に届きます。

4:パッケージ購入完了

ホーム画面を見ると、このようにTOP UPしていた金額が120バーツから1バーツに変わっています。

データローミングをオンにすると、ネットが使えるようになります。

AIS(アジア&オーストラリア)を利用できる国の一覧

出典:AISの料金プランページ

以下の国でAIS(アジア&オーストラリア)が使用できます。

このリストに入っていませんが、もちろんタイでも使用できます

  1. Australia:オーストラリア
  2. Brunei:ブルネイ
  3. Cambodia:カンボジア
  4. China (including Tibet):中国
  5. Hong Kong:香港
  6. India:インド
  7. Indonesia:インドネシア
  8. Japan:日本
  9. Laos:ラオス
  10. Macau:マカオ
  11. Malaysia:マレーシア
  12. Myanmar:ミャンマー
  13. Nepal:ネパール
  14. Philippines:フィリピン
  15. Qatar:カタール
  16. Singapore:シンガポール
  17. South Korea:韓国
  18. Sri Lanka:スリランカ
  19. Taiwan:台湾
  20. Vietnam:ベトナム

まとめ

タイに旅行に行く場合、8日間以内であれば、AISのSIMカードをAmazonで購入するのが一番安いです。

旅行日程が10日間なら、9日目にTOP UPする方法を取るのが安上がりです。

それ以上になる場合は、45日間有効のSIMカードをAmazonで購入するのが安いです。

ちなみにAISはアジア20ヶ国で利用できるので、ベトナムやインドネシアなど、タイ以外の国でも利用できます。

ですので、例えば タイ>ベトナム>インドネシア といった旅行をする場合でも、SIMカードを変更する必要がありません。

便利なので、おすすめです!

AIS タイ プリペイドSIM 8日間 データ通信 100分無料通話つき

海外旅行に行くときは、このカードが必携!

現地の両替所は、店員が詐欺を働く危険があります!(盗難・詐欺の実例はこちら

僕は海外に行くときは、盗難・紛失の危険があるので、大金を持ち歩きません。

カードなら、万が一盗まれて不正利用されても、付帯保険で全額返ってきます

しかし、現金は盗られたら、絶対に戻ってきません

このように、少しでもリスクを減らすためには、現地通貨は安全なATMで引き出すようにしないといけません。
その時に、クレジットカードあるいはデビットカードが必要になります。

カードにはたくさんの種類があるんですが、おすすめのカードは決まっています。
ズバリ、こちらです!

セディナカードJiyu!da!

海外での両替に最強のカード!
一番おすすめのクレジットカード!

カード発行手数料 無料
年会費 無料
ATM利用手数料 無料
キャッシング年利 18.0%
(実質0.2%~)
繰り上げ返済 可能
振込手数料 無料
ブランド JCB/VISA/Master

セディナカードの最大の特徴は、実質年利を0.2%程度にまで下げられることです。

そのため、実質0.2%(通常なら3%前後+ATM手数料が必要)という、圧倒的な低金利で、海外ATMで現地通貨に両替ができます!

なお「セディナカードJiyu!da!」には、国内旅行傷害保険がついています。

年会費 無料 無料
国内旅行傷害保険 なし あり!
海外旅行傷害保険 なし なし
紛失・盗難保険 あり あり

ですので、「セディナカードJiyu!da!」を選ぶことをおすすめします!

到着までに時間がかかるので、海外旅行が決まったら、すぐに申し込んでおいてくださいね!

ブランドはMasterがおすすめです!(両替レートが一番よいとされています)

セディナカードJiyu!da!のメリット
  1. 年会費・カード発行手数料が無料
  2. 海外ATM利用手数料が無料
  3. 海外銀行の手数料も無料
  4. 年利が実質0.2%

↓今ならポイントプレゼント中!↓
※ポイントは時期によって異なります

楽天銀行デビットカード

クレジットカードが作れないならコチラ!
一番おすすめのデビットカード!

年会費 無料 入会金 無料
手数料 無料 ブランド JCB
入会審査 なし カード到着期間 約1週間

多くのデビットカードを比較した結果、楽天銀行デビットカード(JCB)が、一番お得なカードでした!

ポイント還元率が1.0%と最高で、実質手数料は2.024%まで下がります。

しかも楽天市場や楽天トラベルを使うと、さらにポイントが還元されてお得になります。

デビットカードなら、楽天銀行デビットカード(JCB)で間違いありません!

楽天デビットカードのメリット
  1. 年会費が永久無料!
  2. 海外ATMの手数料が無料!
  3. ポイント還元率が1.0%と高い!
  4. クレカのような審査がなく作れる!

↓今なら1000ポイントプレゼント中!↓

セディナカード・楽天銀行デビットカードには、海外旅行保険が付いていません!

ですので、持っているだけで海外旅行保険が自動でついているエポスカード(無料)を合わせて持つのがおすすめです!

↓↓↓