フィリピン

【2020年版】フィリピンのATMで両替・使い方を写真で解説・キャッシング手数料無料にする方法

こんな方に読んでほしい

フィリピンのATMの使い方・お得なキャッシング方法を知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! 海外旅行が趣味のアラフォー独身男、じいこすです!

海外旅行でフィリピンに行く場合「治安の悪い国として有名だけどATMは安全に使えるのかな?」といったことについて気になりませんか?

僕は2020年1月にフィリピンに行って、現地のATMを使って両替してきました。

その結果、フィリピンには手数料が無料のATMと有料のATMがあることがわかりました。

もっと正確にいうと、使うカードによって、ATMの手数料が無料になることがわかりました。

この記事では、フィリピンで安全でお得に両替するためのATM事情や使い方について紹介します。

ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

フィリピンの通貨は、ペソです。

1ペソ=2.2円くらいです。

(2020年1月時点)

マニラのニノイ・アキノ国際空港のATM

ニノイ・アキノ空港のSIMカード売り場や両替所の様子

フィリピンのマニラの空港はニノイ・アキノ国際空港で、利用する航空会社によって到着するターミナルが違います。

僕はLCCのジェットスターで行ったんですが、ターミナル1に到着しました。

ですので、この記事はターミナル1のATMの様子について紹介します。

空港に到着したら、まず一番最初に行うことは現地通貨への両替です。

そうしないと、SIMカードも購入できないし、市内へ行くこともできないからです。

ニノイ・アキノ空港の中には、両替所がありました。

しかし、レートが悪いことが多いので、基本的に空港ではATMで両替をするのがおすすめです。

こちらの空港の両替所の掲示板を見てみると、日本円のレートは0.4460でした(2020年1月末)。

1万円=4460ペソというレートです。

ちなみにSIMカード売り場は、ニノイ・アキノ空港にも普通にありました。

フィリピンのニノイ・アキノ空港のATM

入国審査(イミグレーション)を抜けて、到着ロビーに出ると出口の近くにATMが設置されていました。

ATMは全部で3つ見かけましたが、一つは使用不可でした。

ATMを見ると、シーラスマークとプラスマークがありました。

このマークは、VISA/masterカードとJCBカードが使えるマークです。

このように、ニノイ・アキノ空港のATMはVISAでもJCBでも利用できました。

フィリピンのATMでデビットカードで両替する方法

1:カードを入れる

それでは、ATMの使い方を写真で紹介します。

まずはカードを入れます。

2:言語選択

言語選択の画面になります。ENGLISHを選びます。

ENTER WITHDRAWAL AMOUNTを選びます。

3:金額の入力

引き出す金額を入力します。

今回は10,000ペソを引き出します。

レシートが必要か聞かれたので、必要な場合はyesを押します。

4:暗証番号の入力

暗証番号を入力します。

5:サービスの選択

サービスの選択画面が出ます。SAVINGSを押します。

お待ちくださいの画面が出ます。

6:カードを受け取る

カードが出てくるので、すぐに受け取ります。時間がかかると、ATMに吸い込まれるので注意です。

7:現金・レシートを受け取る

現金を受け取ります。

手数料は無料だった

レシートを見ると、手数料は無料でした。

楽天銀行デビットカードJCBは、このようにATMの利用手数料が無料になることが多いカードです。

VISAでは手数料が有料になるので、楽天銀行デビットカードを作るならJCBが絶対おすすめです!

フィリピンのATMの両替レート

現地通貨 10,000ペソ
日本円 22,396円(実質22,173円)
レート 0.45099

ちなみに、今回はATMで10,000ペソを引き出して、口座の通帳を確認すると22,396円になっていました。

レートを計算すると、0.44650です。

ただし、上の画像を見るとわかるように、楽天銀行デビットカードJCBは、引き出した額のポイント換算率が1%つきます。

すると(22396-223=22,173)となるので、実質0.45099になります。

  • 両替所のレート:0.4460
  • ATMのレート:0.45099

このように、やはり現地通貨への両替は両替所よりもATMを使った方がレートがよいことが確認できました。

フィリピンの手数料が有料のATM

フィリピンには、手数料が有料のATMもありました。

すべての銀行を調べたわけではありませんが、上のBDOという銀行では1回の利用につき250ペソ(約500円)がかかるようです。

こちらはPSBという銀行のATMです。やはり1回の利用につき250ペソ(約500円)がかかるようです。

クレジットカードでもATM手数料は無料

ここで、クレジットカードを使ったキャッシングを紹介します。

利用するのはセディナカードです。

セディナカードは金利が安く、マスターはレートが一番良いと評判なので、デビットカードよりもお得に両替できます。

明細を見ると、TRANSACTION FEE(取引手数料)が記載されることもあります。

しかし結論から言うと、この手数料は請求されません。

その理由は、「クレジットカードによる海外キャッシングでは、ATMで手数料を取ってはいけない」という決まりがあるからです。

ですので、「明細には手数料が記載されているにも関わらず、実際には手数料は請求されていない」ので安心です。

フィリピン市内のATM事情

それでは、フィリピンの各都市のATM事情について、紹介していきます。

マニラ市内のATM事情

「マニラは治安が悪いので、ATMを使うのは怖い」というイメージがありましたが、少なくとも昼間は大丈夫な雰囲気でした。

こちらの写真は、治安が悪いといわれているエルミタ地区で撮影しました。

昼間は、銀行の入口に警備員がいるので、見たところ安全に利用できる感じでした。

マニラには、ATMはたくさんありました。

昼間に銀行のATMを利用するのが良さそうです。

プエルトガレラのATM事情

プエルトガレラは、マニラからバスとフェリーで4時間ほど南に行ったところにある、ダイビングスポットやゴーゴーバーがある港町です。

主に「ムリエ港・サバンビーチ・ホワイトビーチ」と3つのエリアに分かれています。

ムリエ港のATM

フェリーが到着するムリエ港に、ATMがありました。

サバンビーチのATM

サバンビーチは、ムリエ港から15分ほど車で移動した観光街になります。

ATMにはグローバルで利用できるマークがついています。

ちなみに、プエルトガレラには両替所もありました。

スーパーの中にも両替所がありました。

プエルトガレラは観光街なので、日本円を含めて、いろいろな通貨に対応していました。

ちなみにレートは0.45650で、これはATMより良かったです。

ホワイトビーチのATM

プエルトガレラには、ムリエ港の東に綺麗な砂浜のホワイトビーチがあります。

ホワイトビーチにも、ATMがありました。

このように、フィリピンの田舎町にもATMは普通にありました。

アンヘレス市内のATM事情

アンヘレスは大きな都市なので、銀行やATMは至るところにあります。

SMクラークという巨大ショッピングモールもあるので、安全に引き出すことができます。

アンヘレスのウォーキングストリートの両替所

特筆すべきは、アンヘレスのウォーキングストリートの両替所はレートが良いということです。

ここは、KABAYANという両替所です。

Walk About Hotelの隣にある、小さな両替所です。

こちらでレートを確認したところ、以下の通りでした。

  • KABAYAN両替所レート:0.4615
  • 同日のATMレート:0.4520
  • 他の両替所レート:0.4565

意外にも、ここの両替所はATMよりレートが良かったです。

同じアンヘレスのウォーキングストリートでも、他の両替所はレートが違いました。

ですので、アンヘレスで両替するなら、KABAYAN両替所がおすすめです。

まとめ

アンヘレスでは、ATMよりも両替所の方がレートがよかったです。

とはいえ、基本的には利用する分だけATMで両替するのが一番安全です。

フィリピンに旅行に行くなら、必ず2枚はカードを持って行くことをおすすめします。

お得なカードを使えば、ATMの利用手数料は無料です。

海外の両替でお得なカードは決まっているので、旅行が決まったら、すぐに手続きすることをおすすめします!

海外旅行に行くときは、このカードが必携!

現地の両替所は、店員が詐欺を働く危険があります!(盗難・詐欺の実例はこちら

僕は海外に行くときは、盗難・紛失の危険があるので、大金を持ち歩きません。

カードなら、万が一盗まれて不正利用されても、付帯保険で全額返ってきます

しかし、現金は盗られたら、絶対に戻ってきません

このように、少しでもリスクを減らすためには、現地通貨は安全なATMで引き出すようにしないといけません。
その時に、クレジットカードあるいはデビットカードが必要になります。

カードにはたくさんの種類があるんですが、おすすめのカードは決まっています。
ズバリ、こちらです!

セディナカードJiyu!da!

海外での両替に最強のカード!
一番おすすめのクレジットカード!

カード発行手数料 無料
年会費 無料
ATM利用手数料 無料
キャッシング年利 18.0%
(実質0.2%~)
繰り上げ返済 可能
振込手数料 無料
ブランド JCB/VISA/Master

セディナカードの最大の特徴は、実質年利を0.2%程度にまで下げられることです。

そのため、実質0.2%(通常なら3%前後+ATM手数料が必要)という、圧倒的な低金利で、海外ATMで現地通貨に両替ができます!

なお「セディナカードJiyu!da!」には、国内旅行傷害保険がついています。

年会費 無料 無料
国内旅行傷害保険 なし あり!
海外旅行傷害保険 なし なし
紛失・盗難保険 あり あり

ですので、「セディナカードJiyu!da!」を選ぶことをおすすめします!

到着までに時間がかかるので、海外旅行が決まったら、すぐに申し込んでおいてくださいね!

ブランドはMasterがおすすめです!(両替レートが一番よいとされています)

セディナカードJiyu!da!のメリット
  1. 年会費・カード発行手数料が無料
  2. 海外ATM利用手数料が無料
  3. 海外銀行の手数料も無料
  4. 年利が実質0.2%

↓今ならポイントプレゼント中!↓
※ポイントは時期によって異なります

楽天銀行デビットカード

クレジットカードが作れないならコチラ!
一番おすすめのデビットカード!

年会費 無料 入会金 無料
手数料 無料 ブランド JCB
入会審査 なし カード到着期間 約1週間

多くのデビットカードを比較した結果、楽天銀行デビットカード(JCB)が、一番お得なカードでした!

ポイント還元率が1.0%と最高で、実質手数料は2.024%まで下がります。

しかも楽天市場や楽天トラベルを使うと、さらにポイントが還元されてお得になります。

デビットカードなら、楽天銀行デビットカード(JCB)で間違いありません!

楽天デビットカードのメリット
  1. 年会費が永久無料!
  2. 海外ATMの手数料が無料!
  3. ポイント還元率が1.0%と高い!
  4. クレカのような審査がなく作れる!

↓今なら1000ポイントプレゼント中!↓

セディナカード・楽天銀行デビットカードには、海外旅行保険が付いていません!

ですので、持っているだけで海外旅行保険が自動でついているエポスカード(無料)を合わせて持つのがおすすめです!

↓↓↓