海外のカードで知っておくべきこと

ライフカードは海外ATMの両替でイマイチ!ライフカードのメリットとデメリットまとめ

こんな方に読んでほしい

ライフカードのメリット・デメリットについて知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! 海外旅行が趣味のアラフォー独身男、じいこすです!

このページでは、ライフカードのスペックを確認して、ライフカードのメリット・デメリットを見ていきます。

結論から言うと、海外ATMで両替をする場合ライフカードはイマイチです。

他にもっと条件が良いカードがあるので、わざわざライフカードを選ぶ必要性はないですね。

ライフカードのスペック

ポイント還元率は「条件付き」で1.5%
海外ATM手数料が有料(100円~)

まずは、ライフカードのスペックを、以下にまとめました。

会社名 ライフカード株式会社
年会費 無料
発行手数料 無料
審査 あり
ブランド Visa、MasterCard、JCB
キャッシング年利 18.0%
(100万円以上の場合は15.0%)
海外事務手数料 2.00%(VISA・Master)
1.6%(JCB)
利用可能枠 10万円~200万円
海外ATM利用手数料 100円(税抜)~
ポイント還元率 0.5%~1.5%
ショッピング保険 あり
支払い日 毎月27日
入会資格 高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方
カード到着期間 最短3営業日

ライフカードはポイントが貯まりやすい?

実質的なポイント還元率は0.5%
騙されないように注意

「ライフカードは、ポイントが貯まりやすい」と評価されていることが多いカードです。

しかし、きちんと調べてみると、そうでもないというのが実態です。

公式サイトに「100円ごとにポイントが貯まる」とありますが、ここで騙されないように注意してください!

じいこす
じいこす
「100円で何ポイント貯まるのか?」が、表記されていないところがミソなんですよね。

結論をいうと、ライフカードのポイント還元率は以下の通りです。

  • 1,000円の利用で1ポイント
  • 100円の利用で0.1ポイント
  • 1ポイント=5円相当
  • つまりポイント還元率は0.5%

ライフカードは「100円の買い物でポイントが貯まる」といっていますが、それって0.1ポイントのことです
そして、1ポイントは5円相当です。

つまり、ライフカードの基本のポイント還元率は0.5%なんです。

このように、利用者に勘違いさせるような書き方をしているのも、結局、決して還元率が高くないことの表れでしょうね。

ライフカードを有効に使うのは、あとで紹介する「誕生月を利用する」のが有効です。

逆にいうと、誕生月以外でライフカードを使うメリットはありません。

ライフカードのメリット

それでは、ライフカードのメリットを見ていきます。

  1. 年会費・発行手数料は無料
  2. カード付帯保険はある
  3. 発行までのスピードが速い
  4. 誕生月にポイント3倍

1:年会費・発行手数料は無料

内容 料金
入会金・発行手数料 無料
年会費 無料

ライフカードの入会金・発行手数料・年会費は、すべて無料です。

クレジットカードの中には年会費がかかるものもありますが、ライフカードは完全無料です。

解約にかかる手数料も無料です。

ライフカードを持っているだけなら、手数料がかかることはありません。

2:カード付帯保険はある

カードを紛失したり、盗難によって不正使用をされても、カード会員保障制度により補償されます。

万一、カードが紛失・盗難に遭われ不正使用されても、カード会員保障制度により補償いたしますのでご安心ください。
お届けいただいた日の60日前にさかのぼり、それ以降に不正使用された損害をライフカードが負担いたします。
※会員の重大な過失により損害が発生した場合や会員のご家族等によるご利用の場合等は、保障制度が適用されないケースがあります。

出典:ライフカード:カード付帯保険

ただし、後述する旅行傷害保険は付帯していません

3:発行までのスピードが速い

ライフカードは、審査結果が早いことで有名なカードです。

公式サイトを見ると、「最短3営業日で発行」とのことなので、例えば月曜に申し込めば、最短で木曜日には到着します。

通常のクレジットカードは、だいたい1週間前後で発行です。

急いでいる方には、メリットですね。

4:誕生月にポイント3倍

自分の誕生日の月には、ライフカードで買い物をするとポイントが3倍になります。

  • 1月1日生まれ:1月が誕生月
  • 12月31日生まれ:12月が誕生月

誕生月は、実質1.5%のポイント還元率です。

これは良い方なので、誕生月のみライフカードを使うのは有効な手段ですね。

これがライフカードの実質的なメリットだと思います。

ライフカードのデメリット

続いて、ライフカードのデメリットを紹介します。

  1. 国内・海外ともにATM利用手数料が有料
  2. 海外傷害保険がない
  3. ライフカード入会初年度はポイント1.5倍。しかし…
  4. 会員専用サイトが使いづらい
  5. 解約が面倒

1:国内・海外ともにATM利用手数料が有料

利用金額 手数料(税抜)
10,000円以下の場合 100円
10,000円を超える場合 200円

出典:ATM利用手数料ご負担について

ライフカードの国内・海外ATM利用手数料は有料です。

1万円以下の場合で100円(税別)、1万円以上で200円(税別)です。

普通、海外で現地通貨に両替するときは1万円以上は両替するので、1回200円以上のコストがかかります。

これは、大きなデメリットですね。

他に、海外ATM無料のカードがあるので、そちらを利用するのがおすすめです。

https://new-world-life.com/archives/1897

2:海外傷害保険がない

ライフカードには、海外傷害保険がありません。

年会費が有料(1,250円・税抜)になると、傷害保険付きカードがあります。

無料で海外保険がついているカードがあるので、そちらを選んだ方がお得ですね。

3:ライフカード入会初年度はポイント1.5倍。しかし…

ライフカードに入会後、1年間はポイントが1.5倍になります。

これは一見メリットのように見えますが、実際に還元率を計算すると0.75%です。

これって、別に高くないです。

ここに惑わされないように注意してくださいね。

4:会員専用サイトが使いづらい

明細を確認したい時にアクセスする会員サイトが非常に使いにくいという口コミが多いです。

学生が授業で作ったホームページレベル」と評されるほど、使いづらいと悪評判です。

5:解約が面倒

ライフカードは、解約する場合は電話のみです。

オンライン解約がなく、受付時間に制限がある電話窓口対応のみとなっています。

ライフカードの口コミ

ライフカードの口コミを調べました。

全体な満足度は、低い傾向がありました。

男性の口コミ
男性の口コミ

いくら貯まったのかの通知もないので、知らないうちにそこそこのポイントが貯まっていた。
楽天、ヤフーに比べ不親切だと感じた。

解約するときもごちゃごちゃと引き留めの話ばかりして不快なことこの上なかった。
一番不快だったのがある日突然電話された保険の勧誘です。電話でベラベラと約款を読むだけの保険に誰が加入するんですかね?

女性の口コミ
女性の口コミ
現時点で考えると高還元のクレジットカードと考えると条件は厳しい、還元率はトップクラスと比べると見劣りがする、少額利用だと還元率は悪い。

クレジットカード会社のイメージはあまり良くない。サービス、優遇も年会費無料カードとして考えると普通。
作るメリットを考えると微妙な存在ですね。

まとめ:海外ATMでは使わないカード

ライフカードは、国内・海外ATMの利用手数料が1回100円かかります。

海外ATMの両替用カードとしては、条件が悪いですね。

他にもっと良いカード「セディナカード」があるので、海外旅行ではそちらを使うのがおすすめです。

結局、ライフカードの一番のメリットは、誕生月のポイント還元率1.5%です。

ライフカードは申し込みだけで2000円分のポイントがプレゼントされるので、あとは誕生月のみライフカードで買い物をする、という使い方がおすすめです!

\2000円分のポイントがプレゼント!/

海外旅行に行くときは、このカードが必携!

現地の両替所は、店員が詐欺を働く危険があります!(盗難・詐欺の実例はこちら

僕は海外に行くときは、盗難・紛失の危険があるので、大金を持ち歩きません。

カードなら、万が一盗まれて不正利用されても、付帯保険で全額返ってきます

しかし、現金は盗られたら、絶対に戻ってきません

このように、少しでもリスクを減らすためには、現地通貨は安全なATMで引き出すようにしないといけません。
その時に、クレジットカードあるいはデビットカードが必要になります。

カードにはたくさんの種類があるんですが、おすすめのカードは決まっています。
ズバリ、こちらです!

セディナカードJiyu!da!

海外での両替に最強のカード!
一番おすすめのクレジットカード!

カード発行手数料 無料
年会費 無料
ATM利用手数料 無料
キャッシング年利 18.0%
(実質0.2%~)
繰り上げ返済 可能
振込手数料 無料
ブランド JCB/VISA/Master

セディナカードの最大の特徴は、実質年利を0.2%程度にまで下げられることです。

そのため、実質0.2%(通常なら3%前後+ATM手数料が必要)という、圧倒的な低金利で、海外ATMで現地通貨に両替ができます!

なお「セディナカードJiyu!da!」には、国内旅行傷害保険がついています。

年会費 無料 無料
国内旅行傷害保険 なし あり!
海外旅行傷害保険 なし なし
紛失・盗難保険 あり あり

ですので、「セディナカードJiyu!da!」を選ぶことをおすすめします!

到着までに時間がかかるので、海外旅行が決まったら、すぐに申し込んでおいてくださいね!

ブランドはMasterがおすすめです!(両替レートが一番よいとされています)

セディナカードJiyu!da!のメリット
  1. 年会費・カード発行手数料が無料
  2. 海外ATM利用手数料が無料
  3. 海外銀行の手数料も無料
  4. 年利が実質0.2%

↓今ならポイントプレゼント中!↓
※ポイントは時期によって異なります

楽天銀行デビットカード

クレジットカードが作れないならコチラ!
一番おすすめのデビットカード!

年会費 無料 入会金 無料
手数料 無料 ブランド JCB
入会審査 なし カード到着期間 約1週間

多くのデビットカードを比較した結果、楽天銀行デビットカード(JCB)が、一番お得なカードでした!

ポイント還元率が1.0%と最高で、実質手数料は2.024%まで下がります。

しかも楽天市場や楽天トラベルを使うと、さらにポイントが還元されてお得になります。

デビットカードなら、楽天銀行デビットカード(JCB)で間違いありません!

楽天デビットカードのメリット
  1. 年会費が永久無料!
  2. 海外ATMの手数料が無料!
  3. ポイント還元率が1.0%と高い!
  4. クレカのような審査がなく作れる!

↓今なら1000ポイントプレゼント中!↓

セディナカード・楽天銀行デビットカードには、海外旅行保険が付いていません!

ですので、持っているだけで海外旅行保険が自動でついているエポスカード(無料)を合わせて持つのがおすすめです!

↓↓↓

RELATED POST